naitya2000


2017年5月10日水曜日

大阪出張帰りに名門大洋フェリー「フェリーおおさか2 ファーストシングル利用」

こんにちはnaitya2000です。今日は大阪出張帰りで利用した名門大洋フェリーの乗船記を書きたいと思います。

大阪での研修講師の仕事が無事終了し、家族旅行で名門大洋フェリー利用してから約10日後、また名門大洋フェリーを利用します。今年に入って、2月・3月・4月と立て続けに名門大洋フェリーを利用しています(^_^;)




仕事が無事終わった後、難波から地下鉄四つ橋線・ニュートラムを利用して大阪南港へ移動します。今回は、難波駅でフェリー友達のTさんと待ち合わせ、大阪南港フェリーターミナルまで雑談をしながら、移動します。









大阪南港フェリーターミナルには18時過ぎに到着し、乗船開始の放送案内を待ちます。なお乗船手続きは、乗船券をネットで事前購入済なので不要です。今回は、少し奮発してファーストシングル(1等洋室)を利用します。大阪南港から新門司まで、ネット割引で9800円です。



待合い室で乗船開始までTさんと雑誌しながら待ちます。今日は、団体ツアー客も多く乗るみたいです。18時半から乗船開始となり、乗船改札前でTさんと別れました。Tさん短い時間でしたがありがとうございましたm(__)m。



乗船改札後、今回乗船するフェリーおおさか2に乗船します。実は約10日前、家族旅行で乗船した船と同じだったりします。







乗船後、客室乗務員から船室の鍵を貰います。船室は116号室で、部屋にはテレビ・洗面台・浴衣・スリッパ・ポット等があります。ビジネスホテルのバストイレ無しと、ほぼ同じレベルだと思います。










※部屋内テレビで位置情報が見れます。

船室で荷物整理後、展望浴場でお風呂にはいりました。脱衣場には、無料で使えるロッカーと出力が強いドライヤーがあるのは、助かります。また展望浴室には、馬油のシャンプー・ボディソープが備えつけられています。入浴後、外部デッキに出てみました。











外部デッキで大阪南港を見た後、船内レストランで夕食をとります。レストランはバイキング式で、今回は夕食朝食セット券2100円を購入しました。別々に支払うより200円安いです。なおバイキングは、約10日前に食べた時とほとんど変わりませんが、品数が多いのは助かります。今回は、生ビール500円を飲んだ後、芋焼酎310円を水割で飲んで〆ました。





夕食後、外部デッキに出て明石海峡大橋の通過シーンを見届けます。まだ21時前のせいか、ライトアップされていました。4月中旬ですが、まだ肌寒いです。



明石海峡大橋通過後、船室に戻り、テレビを見ながら寛ぎます。結局、仕事疲れ等もあり、22時過ぎに眠りにつきました。





翌朝は6時過ぎに起きました。身支度して外部デッキに出ると、青空広がる爽やかな朝だったりします。朝日を浴びた海が綺麗です。







6時40分から、レストランが開店し、朝食をとります。朝食もバイキングで、朝からガッツリ食べました(^_^;)。







朝食後、身支度して外部デッキに出たり、旅行記を書いて過ごします。結局、新門司港フェリーターミナルには、定刻8時30分頃到着しました。なお名門大洋フェリーには、無料wifiが30分×3回限定で使用可能ですが、繋がりがイマイチなので、改善していただければ幸いですm(__)m。











新門司港フェリーターミナル到着後、すぐに小倉駅行無料送迎バスに乗り換えます。車内は、団体ツアー客も一緒に乗り込み、満席になりました。バスは満席で発車し、門司駅を経由して約40分後に小倉駅北口に到着しました。





小倉駅南口にある高速バスバス停から、9時40分発福岡天神行高速バスなかたに号に乗りました。車内の座席には、スマホ充電用コンセントがあるので助かります。





バスは、中谷まで地元客をこまめに乗せながら走り、小倉南インターから九州自動車道を快調に走ります。直方PAを過ぎた辺りから、うとうと寝てしまい、目が覚めた時には福岡都市高速を降りる所でした。結局、天神高速バスセンターには11時20分頃到着しました。



バス到着後、すぐに同じビル2階の西鉄福岡駅から、11時30分発大牟田行特急に乗り換えます。車両は、定番となった3000形です。日常的な車窓光景を見ながら、旅行記を書いて過ごします。結局、西鉄久留米に12時に到着。今回のフェリー乗船を含んだ出張が終わりました。





2月から出張が重なりましたが、今後も出張目的地までの「過程」を楽しみたいと思います。以上、naitya2000でした。



2017年5月6日土曜日

青春18きっぷ消化旅行で長崎へ2「長崎観光(出島和蘭商館跡・原爆資料館見学後、原爆落下中心地・平和記念像)~久留米へ」

こんにちはnaitya2000です。今日は旅行記の最終回である第2回目を書きたいと思います。

昨夜は爆睡し、朝は7時過ぎに起きました。身支度して2階レストランで朝食をとります。朝食300円は和食と洋食があり、今回は和食(味噌汁・ごはん・生卵・海苔)に日替わりサラダ100円を追加しました。なお、ご飯を大盛にしたら、半端無い多さでした(^_^;)。



朝食後、ホテルは8時45分過ぎに出ました。このホテルは、規模は小さめですがレストランがあり、便利なホテルだと思います。




ホテルを出た後、まずは歩いて移動します。途中、カステラで有名な文明堂本店がありました。





出島和蘭商館跡を観光します。入場料は510円でした。施設内は、江戸時代当時の出島が再現されており、わかりやすい展示がされています。建物内部が、和とヨーロッパを融合した独特な雰囲気があります。








また、オランダ人外交官と日本人との人間模様が垣間見えます。特に日本人である幕府公認の遊女とオランダ男性との「恋愛沙汰」があった事が、印象的でした。この施設内は、予想以上に見る場所が多く、時間が足りませんでした…。





出島を1時間程観光後、大波止電停から浜口町まで長崎市電に乗りました。運賃は120円で、nimoca等ICカードは使えません。






浜口町下車後、原爆資料館を見学しました。入場料は200円です。




館内は原爆投下後の資料が多くあり、最近北朝鮮や中国の動きを含め、今後の日本における平和を考えさせられました。また当初は、小倉が原爆投下目標であり、当時の飛行状況で変更し、急遽第2目標である長崎に投下された事実には、正直考えさせられました。












原爆資料館見学後、原爆落下中心地・平和記念像と観光します。辺りは、遅咲きの桜が満開だったりします。なお平和祈念像の横で、平和運動と言う名の反日運動をしている団体が、印象的でした。この場所では、理由はどうであれ、政治運動はしない方が良いと私は思います。






その後、松山町電停から長崎駅まで長崎市電で移動し、長崎駅には12時前に着きました。駅ビルで昼食をとろうと思いましたが、食べたい店が無い為、駅ビル内のスーパー西友で、昼食用の弁当を購入しました。






長崎からは、12時31分発鳥栖行普通に乗りました。車両は、817系2両編成ワンマンカーです。車内は転換クロスシートで、いわゆるアタリ車両です。なお鳥栖~長崎まで全てロングシートの415系1500番台も走っているので、注意が必要です。







発車後、さっそく先程買ったカツ丼380円を食べながら車窓を眺めます。今回昼食は、後からの「お楽しみ」の為に控え目にします。中途半端な高い駅弁を買うより、スーパーの惣菜弁当の方がマシのような気がします。なお車内で、匂いのキツいカップ焼きそばを食べてる若い兄ちゃんがいます…。






乗車中、たまっていた旅行記を書いて過ごします。諫早駅では、約10分程停車時間がありました。





 ※島原鉄道の車両が見えました。

諫早駅を過ぎると、諫早湾干拓地及び有明海が見えます。諫早から肥前鹿島まで、閑散とした景色と無人駅が続きます。途中、単線区間の為、特急列車の通過待ちや交換停車が結構あります。






特急停車駅である肥前鹿島で多くの乗降客がありました。肥前鹿島からの車窓は、有明海から離れ、広大な田畑が広がります。肥前白石で、特急通過と普通列車交換で7分停車がありました。







次の肥前山口で運転手が交代し、約10分程停車しました。肥前山口からは複線区間となり、かなりスピードを出して走ります。閑散としていた車内が、次第に混んできました。





佐賀からは大量に乗り込み、立ち客が出る程になりました。肥前山口までのノロノロした走りとは、別物で爆走します。結局、鳥栖には定刻15時47分に到着しました。





鳥栖到着後、鳥栖駅名物かしわうどん350円を5・6番線ホームで食べました。細かく刻んだ鶏肉がたくさん入っていて、やっぱり美味しいです(^^)v。





かしわうどんを食べた後、16時発久留米行普通に乗り換えます。列車は、約10分程で終点久留米に着きました。今回は、1泊2日と短い旅行でしたが、充実して楽しかったです。また青春18きっぷを使った旅行をしたいと思います。






以上、naitya2000でした。