naitya2000


2018年1月18日木曜日

年始めに、LCCピーチと路線バスで沖縄旅行3「路線バスで普天間宮~北谷アメリカンビレッジ~海軍司令部壕観光後、LCCピーチで福岡へ」

こんにちはnaitya2000です。今日は沖縄旅行記の最終回を書きたいと思います。

今朝は、7時40分に起きました。やはり個室だとゆっくり眠れます。身支度して8時頃2階レストランで朝食をとります。朝食はバイキング式で、にんじんしりしり・ゆし豆腐・フーチバじゅうしい等沖縄料理もありました。




朝食後、部屋で荷物整理をした後、8時45分頃チェックアウトしました。このホテルは、建物が古く、ウォッシュレットが壊れていた以外は、大浴場もあり快適でした。




これから、宜野湾普天間方面へバスに乗ります。ホテルを出た後、安里の停留所へ歩いて移動しますが、安里の停留所が多くあり困惑してしまいました。結局、安里一区と言うバス停から、9時過ぎに具志川バスセンター行のバスに乗り込みました。




バスは、雨の中、国道330号を北へと走ります。バスは、結構運転が荒く飛ばします(^_^;)。目的地の普天間には、9時35分頃到着しました。運賃は640円でした。






普天間バス停から、すぐに目的地の普天間宮まで歩き、参拝します。境内は、建設業関係の方がたくさん参拝していました。参拝後、書置きのご朱印300円を頂きました。






普天間宮参拝後、近くのバス停から伊佐までバスに乗ります。幸い直ぐに東陽バスの那覇行が来ましたが、なんと雨漏りする非常にボロいバスでした(^_^;)。約5分程で伊佐に到着し、運賃は160円でした。





伊佐から、再び北谷方面へバスに乗り換えます。すぐに読谷行のバスに乗ることが出来ました。車窓からは、嘉手納基地のフェンスが見えます。目的地の北谷・軍病院前には、約10分程で到着し、運賃は260円でした。






バスを降りた後、北谷アメリカンビレッジ~イオン北谷店と立ち寄り、お土産の購入をします。個人的には、スーパーでの沖縄お土産購入がお薦めだと思います。








お土産購入後、寒々としたサンセットビーチを写真撮影します。





 
その後、行きと同じバス停・軍病院前から、11時20分頃那覇バスターミナル行の琉球バスに乗りました。なお車両は、九州のタクシー会社・第一交通産業の資本が入ったせいか、新しく綺麗です。なお両替は、信号停車時は出来ず、バス停停車時しか出来ないようです。




出発後、国道58号を那覇へと走ります。車窓進行方向左側には、米軍嘉手納基地が見えます。途中、地元客の乗り降りが結構多いです。結局、目的地の泊高前には12時頃到着しました。なお運賃は、660円でした。




※ある意味有名な、地元新聞社・琉球新報社


バス停下車後、とまりんにて欠航で停泊している渡嘉敷島・久米島・粟国島・座間味島等離島航路のフェリーを撮影します。幸い、大東島行の貨客船も停泊しており、撮影する事が出来ました。









とまりんでフェリー撮影後、国道58号を南へと歩きます。途中、松山にあるサウザンステーキと言う店で、昼食をとることにしました。




店に入り、券売機で食券を購入し、店員さんに渡します。今回は、ステーキ200gにしました。なお焼き方を選ぶ事が出来、ミディアムレアにしました。



ステーキには、ご飯・サラダ・ポタージュスープが一緒に付きます。味的には、やっぱりステーキより脂身があり、若干固く・筋がありますが、美味しかったです。




昼食後、工事中の那覇バスターミナルまで歩き、仮設切符売場で海軍司令部壕へ行くバスを尋ねます。幸い案内所の女性から、親切に教えて頂きました。




 ※工事中の那覇バスターミナル

仮設バス停乗り場から、13時21分発豊城行バスに乗ります。今回は、沖縄で始めて見た女性バス運転手でした。バスは、約10分程で目的地の宇栄原団地前に着きました。なお運賃は、230円でした。






バス停下車後、約10分程歩いて海軍司令部壕入口まで歩きます。入場料は大人1人440円でした。まず資料室で、沖縄戦の惨状に関する資料を見た後、海軍司令部壕へと階段を降りて入ります。




壕内は、まさに洞窟です。指令室・通信室・暗号室等廻り、自決した跡である形跡が痛々しかったです。ご冥福と平和を祈願してから、海軍司令部壕を去りました。










海軍司令部壕を見学した後、宇栄原団地前からバスで那覇バスターミナルまで戻りました。これで、今回の観光地めぐりは終了しました。那覇バスターミナルからモノレール旭橋駅と移動し、旭橋から那覇空港までモノレールに乗りました。








那覇空港到着後、到着ロビーで顧問先電話対応をします。私の場合、平日でも旅に出ますが、仕事対応は旅先でも行っています。一息ついた後、LCCターミナル行無料連絡バスに乗り込みました。





LCCターミナル到着後、しばらく待合い室で旅行記を書いて過ごします。貨物ターミナル流用のせいか、売店とコーヒーショップ1軒づつしかなく、非常に質素です。






搭乗手続き開始は17時20分、安全検査は17時30分から始りました。自動チェックイン機で搭乗手続きを行い、手荷物検査等も無事通過します。




搭乗口前の待合い室も質素で、売店と軽食コーナーが1軒ずつしかありません…。時間があるので、オリオンビールとツマミを売店で買って、飲みながら過ごします。





搭乗開始は、18時40分過ぎから始りました。出発時間が、機材遅れで若干遅れるようです。機材は、行き同様A320-200です。機内は、約9割程の搭乗率です。座席は、11番F席窓側にしました。景色が見たいので窓側にしましたが、搭乗時間が2時間以上だと、トイレの問題等通路側の方が良いと思います。






機体は、19時20分頃離陸しました。福岡到着予定時刻は20時45分との事。安定飛行に入ってから、機内食と割引切符等の販売がありました。機内では、たまっていた旅行記を書いて過ごします。結局、福岡空港には、定刻より約15分遅れて20時50分過ぎに着きました。







福岡空港到着後、高速バスに乗り換えようとしましたが、20時57分が発車したばかりで、21時27分までありません…。方針変更で、すぐに地下鉄で天神まで移動します。



天神到着後、てんじん地下街を通って西鉄福岡まで移動します。平日に関わらず、幸い 21時30分発大牟田行特急に座って乗ることが出来ました。




発車後、今回の旅行記を書きながら過ごします。結局、西鉄久留米には、21時33分頃到着し、今回の旅行が終わりました。今回は小銭入れを無くすと言う、若干トラブルがあったものの、無事戻れて良かったです。実は、沖縄路線バス乗り放題切符があるのを、今回の旅行で知ったので、次回以降利用したいです。




以上、naitya2000でした。