naitya2000


2017年8月17日木曜日

家族で、夏のイギリス旅行記1「まずは香港経由でロンドンへ」

こんにちはnaitya2000です。今日から5回に分けてイギリス旅行記を書きたいと思います。今日は、第1回目です。

お盆真っ只中な猛暑の昼下がり、西鉄久留米から12時34分発西鉄福岡行急行に乗り込みました。車両は、3000形5両編成です。真夏の昼下がり、福岡郊外の光景を車窓から眺めます。





約40分程で西鉄福岡到着。すぐに地下鉄に乗り換え、福岡空港まで移動します。途中博多から、ドンキホーテの紙袋を抱えた韓国人旅行客グループが、乗り込んできました。




福岡空港到着後、国内ターミナルから国際ターミナル行き無料バスに乗り換えます。車内は、先程同様韓国人旅行客が多いです。乗車してから、約10分程で福岡空港国際ターミナルに到着しました。





国際ターミナル到着後、さっそく搭乗手続きを行います。これからキャセイドラゴン航空で、香港まで移動します。今回、阪急交通社の格安航空券を購入し、香港経由で福岡~ロンドンまで、エコノミークラス往復101290円(諸費用込)でした。イギリス旅行の繁忙期は、ツアーより、格安航空券+ネットでホテル手配の方が安かったりします。




搭乗手続き後、福岡銀行両替コーナーで250ポンド両替しました。現在円高で、1ポンド=約155円でした。なお現金の場合、1ポンドあたり約10円程手数料をとられます。正直、イギリスでは、クレジットカード決済がオトクだと私は思います。




両替後、安全検査・出国審査と無事通過します。通過後、52番搭乗口前待合室で、16時40分発キャセイドラゴン航空KA381便香港行を待ちます。なお去年11月イギリスへ行った時と同じ航空会社だったりします




あいにく機材到着遅れで17時50分発に変更となりました。幸い香港での乗り継ぎ待ち合わせ時間が長い為、問題ありません。幸い空港内は、無料WIFIと充電コーナーがあるので、助かります。



17時30分から搭乗開始となり、長蛇の列を並び搭乗します。なお搭乗口から徒歩での搭乗だったりします。機体は、去年11月搭乗時と同じくA330です。




機内は2-4-2の座席配列で、今回は42列の真ん中4席に座ります。座席には個別モニターがあり、映画・テレビ録画版等多くあります。またスマホ充電用のコンセントもあります。離陸後、イギリスに行く事もあり、ハリー・ポッターシリーズの3作目を見ました。







離陸後1時間程して、機内食サービスがありました。今回はチキンを選び、チキン照り焼き・ごはん・冷やし麺・ハーゲンダッツアイスクリームと言う組み合わせでした。去年11月に食べた機内食より、美味しい気がします。なおドリンクサービスは、アサヒビールでした。





食事後、引き続きハリー・ポッターの映画に没頭します。結局、着陸体制に入った頃に全て見終わり、香港国際空港に19時50分頃到着しました。なお香港の時差は、-1時間です。




降りた後、まずはセブンイレブンで忘れていた歯磨き粉を購入します。




その後、乗り継ぎ口の安全検査を通過します。その後、免税店やディズニーショップ等をぶらついた後、43番ゲートに移動します。香港国際空港は非常に広く、空港内を搭乗口まで列車で移動します。






 ※よくわからない日本菓子店?

43番ゲート到着後、待合室でfacebookや旅行記を書いて過ごします。なお、空港内は、無料WIFIが使えるので、助かります。




搭乗開始は予定の23時半より大幅に遅れた挙げ句、定刻0時15分から約1時間遅れの深夜1時15分に離陸しました。なお機体は、ボーイング777-300です。






離陸シーンをモニターで堪能した後、約30分程して1回目の機内食が配られました。今回はビーフを選び、マッシュポテト・ビーフシチュー?・ハムサラダ・パン・アイスクリームの組み合わせでした。味は普通ですが、牛肉自体が美味しくなかったです。一緒に赤ワインを飲みながら食べました。








夕食後は、うとうと寝たり起きたりの繰り返しです。モニターで日本のバラエティー放送録画版を見たりして時間を潰します。搭乗している機体は、中国からモンゴル、ロシアのシベリアを飛び続けます。







うとうと寝ているうちに、イギリス・ロンドン到着約2時間前に、2回目の機内食が配られました。内容は、ベーコン・ソーセージ・フライドポテト・ベイクドビーンズ・卵焼き、フルーツ、パン、ヨーグルトと言う組み合わせでした。





いわゆるブリティッシュbreakfastに近く、1回目の機内食よりおいしかったです。なお今回キャセイパシフィック航空の機内食は、家族には予想通り不評でした。




朝食後、横に座っていた男子日本人大学生2人組が、入国カード記入で手間取っており、入国カードの書き方に関する資料をあげました。今回、Prestonの学校で2週間語学研修をするとの事。どうやらイギリスについて、事前に勉強していないようで、地下鉄・鉄道等の乗り方について、私が知っている内容を出来る限り教えました。





朝日を浴びながら飛行機は、オランダから海を通ってイギリス本土に入ります。結局、イギリス・ロンドンヒースロー空港には、定刻より約15分遅れて到着しました。






続きは、また後日書きたいと思います。以上、naitya2000でした。